謝罪と仲直り part3

どうも、タカシマです。

前回の続きで「恋人同士の謝り方」について、ちょこっと調べた結果を書いていきますねー

基本的に人はやって欲しいことを自分がよくするということがあります。

その観点から、相手が男子の場合、女子の場合とで書いてきます。

まず、相手が男子の場合

  • スキンシップをとる
  • くっつく

というのが良いらしいです。

言われてみれば、男子は喧嘩した後に「ごめんね」と言いつつ手を握ったりくっついたりしますね笑

ですが、女子からすれば「いや、今そういうのいいから」って気分ですもんね笑

ですので、女性の方は喧嘩した際は、男性の方にスキンシップをとったりくっついてあげてください。

そうすれば、男性は喜んですぐに仲直りできるかもしれません笑

次に、相手が女性の場合

  • 涙を流す

だそうです!

いやー、ビックリですね。

これも、女性は喧嘩の際泣いてしまう方がいますもんね。

これは、まぁまぁ抵抗がありますが男性の方は喧嘩した際、涙を流して仲直りしましょう!笑

次回は、一般的にダメな仲直り方法と効果が高い仲直り方法を書いていきますね^^

ではまた。

謝罪と仲直り part 2

どうも、タカシマです。

前回の続きを書きたいと思います。

早速、【危険な謝り方】を3つご紹介していきます。

  1. 言い訳をする
  2. 否定する
  3. おとぼけ

心当たりのある方、ご注意ください笑

ちなみに、僕は心当たりがあります汗

一つずつ解説していきます。

まず「言い訳をする」人は、自分のしたことをひたすら正当化します。

「いやー、あれには理由があって」など自分の責任を回避しようとします。

次に「否定する」人は、「何でそんなに怒ってるの?」「いや、そこまで悪いことじゃないと思うんだけど」など、自分がやった悪いことを否定します。

むしろ、怒っている相手が悪いと思っています。

最後に「おとぼけ」です。

「いやいや、お前は勘違いしている」など、相手が怒っていることを認めず、素知らぬ顔をする人です。

これらの言動をしてしまう人は、人間関係に悪影響を与えてしまいますので、ご注意ください!

まずは、自分の非を認めることが大事です。

次回は、恋人同士で謝る場合について書いていきますね。

それではまた。

謝罪と仲直り

こんにちは、タカシマです。

久しぶりの投稿となってしまいました。

すみません、完全に忘れておりました汗

今回、謝罪と仲直りについて書いていきます。

あるお客さんが「彼女に謝ったのに、未だに許してもらえない」と嘆いておりましたので、謝罪について調べてみました。

そこで分かったのが、「謝罪と仲直りは別!」ということです。

皆さんはカップルや友人、会社の同僚などと喧嘩をしたことがあると思いますが、なかなか元の関係に戻すのに時間と労力を使いますよね。

そこで、よく勘違いされているのが「とりあえず謝れば良い」ということです笑

謝罪も大事ですが、その後の仲直りがとても大事です。

なるべく早く謝罪のフェーズを終わらせて、仲直りのフェーズに長く時間を取りましょう!

では、どうすれば良い関係を続けられるように仲直りができるのか。

その具体例はまた後日書いていきますね笑

今回はこれだけ覚えておいてください!

「謝罪と仲直りは別!」

ではまた。

祝開店!

どうも、タカシマです。

昨日、何とかオープンすることができまして、色んな方々に来て頂きました!

初日からさっそく、おすそ分けを楽しんでくれた方もいて、とても嬉しかったです^^

お客さんがバーカウンターに立って他のお客さんにカクテルを振る舞っているのを見て、「これは僕いらないなぁ」なんて思ったり笑

外国産のワインやウィスキーも持ち込みして、ワイン通の方がそれを見て喜んでいたりもして、とても楽しい一日でした!

こういう理想の一日を過ごせたかと思うと、翌日(今日)は営業中に商談が決まりました笑

僕のお店は、営業時間外の貸出を一日単位でしております。

それを知った方が、昼にカフェをやってみたいということで話が進み、使って頂けることになりました。

なるべくお店を出す人のハードルを下げて、趣味程度で事業を始められる場所にもしたいと思ってます^^

皆さんも、雑貨店がしてみたいとか、プロジェクターを置いてミニシアタールームにしたいとか、興味がありましたら店主に話にきてみてください!

なんとなくのイメージでも、店主と話すことで具体的になるかもしれませんよー

そういえば、書き忘れておりましたが、気になるお値段は10:00~17:00で一日¥1,000(土日¥2,000)となってまーす

なんでこんなに安いかと言うと、僕のお店の宣伝効果も狙っているからです。

まぁ、一緒に楽しく盛り上げていきましょう!ということで笑

オープン価格となってますので、ゆくゆくは¥2,000~¥3,000で貸し出そうかなと思ってます(これでもまだ安いですが)

前述の通り、なるべく自分で何かをやってみたい方々のハードルを下げたいと思ってますので、よっぽどのことがない限り、これ以上は上げないと思います。

ということで、一度来店されて、皆さんのやってみたいことを聞かせてください!!

それだけでも僕はとても嬉しいです笑

こんな感じで営業時間中に空きをみてはブログを更新していこうと思います笑

めちゃくちゃ長い文章が上がった時は、お察しください笑

ではでは、このへんでー

コミュニティビジネスについて

どうも、タカシマです。

今回はコミュニティビジネスについて僕の考えを書いていきます。

その前に、みなさんはパレートの法則はご存知でしょうか?

パレートの法則は、働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである。(Wikipediaより

これをビジネスに応用すれば、企業の売上の8割は、2割のお客さんによって賄われるということになります。

レストラン、アパレル、アミューズメント等のほとんどの産業がこの仕組で動いています。

その2割のお客さんは、いわゆるその企業のファンですよね!

そして、そのファンが居心地の良い空間を作っていくことがコミュニティ形成に繋がります。

その典型例が「よなよなエール」で有名なビール製造メーカーの「ヤッホーブルーイング」さんですよね。

2割のファンの方々は、この会社のストーリーに惚れてますので、多少のことがあっても離れていくことはないですよね。

それに、ファン同士での交流やそこで会える仲間が増えることで、よりコミュニティが強固なものへとなっていきます。

コミュニティという言葉は昔からあるものですが、技術や知識だけでは機械に匹敵できなくなる今後のビジネス環境を考えれば、より重要視されるようになったのではないかと思います。

ということで、当店でもコミュニティ形成を全力でやっていきます!

そのひとつの取り組みが「持ち込み放題・おすそ分け」でして、その他イベント等もやっていきます!

そして、記念すべき第一回目のイベントが8/26(日)18時より開催します!

日本最大級のオンラインサロンHIUの中の人をお呼びして、コミュニティについて語り合います。

お時間ありましたら遊びに来て下さーい笑

宣伝はこのぐらいにしまして、当店の今後やっていきたいことを少しだけ書きます。

簡単に言えば、オフラインとオンラインの混同です。

日本酒部や漫画部、旅行部などを作り、SNSで交流しつつ、当店でのオフ会やイベント等やっていけたら面白いだろうなぁと思ってます。

当店で「こんなことやりたい!」「〇〇部作りたい!」「こういうイベントやりたい!」などありましたら、直接言いに来て頂くか、SNSでメッセージくださーい!

まぁ、こんな感じで色々と楽しみながら試行錯誤していくつもりなので、その過程がコミュニティ形成に興味のある方のお役に立てればなと思います。

 

ほなまた

店主プロフィール

どうも、タカシマです。

今回は店主(=タカシマ)がどういう人間なのかを書いていこうと思います。

これを読めば、お客さんが初来店時に会話がスムーズになるんじゃないかと思ったのと、知らない間に自己分析ができるんじゃないかと思ったからです(笑)

では、簡単なプロフィールから

  • 愛媛県松山市在住、徳島県出身
  • 24歳
  • 趣味は読書(漫画も含めて)と旅行(国外4カ国、国内20県ほど)
  • 小学校〜高校までサッカー部に所属
  • ご多分に漏れず、英語とプログラミングを勉強中

とまぁ、こんな感じですかね。またの機会に、小学校から現在までの経験譚を記憶が残っているうちにこのブログに書いていこうと思っております。「てめぇの経験譚なんか興味ねぇ!」って言われるかもしれませんが、ごめんなさい!自己分析のためなんです!(笑)

性格を一言でいえば、”好奇心旺盛”なやつだと思って頂ければと思います。

興味を持ったことは、とりあえず試してみる性格ですね。このブログもそうです(笑)

では、今までどんなことをしてきたかと言うと、

  • 俳優として劇団に入団
  • プログラミングを学ぶため、岩手に一ヶ月間滞在
  • サッカーが観たいがためにイギリスに一ヶ月間滞在
  • 四国ILさんとコラボして、一日を遊び尽くすイベントの運営
  • シェアハウスに住み、シェアオフィスを利用

などなど。

それぞれの経験譚も書いていけたらなと思います。

どれかひとつでも引っかかってくれれば、そのトピックについて話しましょう!

今回だけでは、情報量が少なすぎると思うので、また追加情報をちょくちょくアップしていきまーす。

今回はこのへんで。


今後、このブログでやっていこうと思うこと

  • 専門書や漫画の感想:その本についてお客さんと語り合いたい
  • これ面白そうだなぁと思ったビジネスについて:興味を持った人と一緒にできたらなぁと思って
  • お店でのエピソード(もちろん個人が特定されるような投稿は避けます):今後お店を持ちたいという人の参考になれば。あとお店でのトラブルとかも「これをネタにできる!」と思えば頑張れる(笑)

確定ではありませんので!

気が向けばやっていきまーす。

おすそわけについて

どうも、タカシマです。

今回は、当店のおすそわけシステムについて書いていこうと思います。

簡単に言えば、”他のお客さんのご厚意で提供して頂いた酒を飲むことができる”ということです。

詳しく説明する前に、持ち込み放題について話を戻りますね。

持ち込み放題とは、ざっくり言うとウィスキーや焼酎など自分の好きなお酒を持ち込んで頂いて、自由に飲めるというものでしたよね。

それで、お客さんがボトルを持ち込んで楽しんだ後、だいたいボトルって余りますよね(全部飲み切っちゃう酒豪は別にして)。

その余ったお酒を持って帰るのって面倒臭いと思いませんか??(笑)

当店ではその余ったお酒を置いて帰ることができます!

そのボトルをお店のストックとして置きます。そのお客さんのご厚意で提供して頂いたお酒を他のお客さんが飲めるということです。

これがおすそわけサービスです。

こちらも持ち込み放題と同じく500円で飲むことができます。

また、持ち込み放題を利用したお客さんもおすそわけサービスの対象となります。

つまり、500円で持ち込み放題を利用したお客さんは無料でおすそわけも使えるというわけです。

いや〜、自分で言いますけど素晴らしいですねぇ(笑)

しかし、「500円でお店のストックを全部飲み干してやろう!」って方は使えませんのでご理解ください。

何度も言いますが、皆さんの居間を共有する感覚で来ていただければと思います。

他のお客さんに「このお酒飲んでもいいよー」って言われても全部は飲まないですよね(笑)

おすそわけについてはこんな感じですかねぇ。

まぁ、いまいち分からなければ、来店して頂いて店主に直接聞いていただければと思います(笑)

今回で当店のシステムについては終わりにして、次回からは店主がどんな人間なのかを書いていければなと思いまーす。

今日はこのへんで。

持ち込み放題について

どうも、タカシマです。

今回、当店の持ち込み放題について少し書きたいと思います。

上記のシステムをざっくり説明すると、焼酎やらウイスキーを持ち込んで勝手に飲んで勝手に楽しんで頂くというものです(笑)

グラス・氷・水は当店で提供しますので、ロックやストレート、炭酸等の割物を持ち込んだりして楽しんください!

お気に入りのお酒を持ち込んで他のお客さんと楽しんで頂くのもあり、色んな割り方を試してみて自分の好きな味を探求するのもありです。

また、ドリンクだけでなく、フードも持ち込めます。

例えば、ピザやお寿司など、デリバリーサービスをしている店舗から電話で持ってきてもらってもいいし、コンビニ、スーパー等でおつまみを買って来てもいいです。

あと、お土産を持ち込んだりして他のお客さんに旅の話をしながらシェアしてもらってもいいですね。

まぁこんな感じで、最初はゆるーく色んなことを試していって、うまく回るシステムになるようにお客さんと一緒にアップデートしていけたらなと思います(笑)

もちろん、ビールやスタンダードカクテル等はこちらで提供してますので、上記のシステムを強要することは絶対にありません!

「何で持ち込みしないんですか?」なんてことは絶対に言いません!!(もし言ってたらごめんなさい。。。)

あくまでコミュニケーションのツールとして使って頂きたいので、持ち込み放題を使って楽しみたい方、好奇心旺盛な方に使って頂きたいです。

ですので、強要することはなくても、持ち込み放題を使うことをお断りすることはあるかもしれません(笑)

皆さんの居間を共有する感覚で来店して頂ければ大丈夫かと思います。共有スペースで出禁になるような行為はまずしないですもんねぇーーー

まぁ、まずは当店にビール一杯飲みに来て頂いて、私と話をしてもらえればなんとなく感覚はつかめるんじゃないかなぁと思います。

最後にみなさんが一番気になっている料金について書いて終わります。

  • ドリンク持ち込み放題 500円(ボトル何本でもOKで時間制限なし)
  • フード持ち込み放題 500円(こちらも時間制限なし)

要するに、1,000円で時間無制限食べ飲み放題ということですね(笑)

色々書きましたがとりあえず一度来店してみてください!

そして、楽しくて前向きな話ができればとても嬉しいです。

次回はおすそわけのシステムについて書けたらと思います。

ほなまた。

当店について

どうも、タカシマです。

今回、当店がどういった場所なのかについて書こうと思います。

結論から言うと、コミュニケーションを目的にした場所です。

AIによって仕事が奪われるなんて言いますが、飲食店だけでいうとイートインだったり、ハウステンボスの変なレストランROBOTなど、もう既に代替されてきてますよね。

そんな中、最後まで残るのが人と人とのコミュニケーションではないかと思ってます。その典型がスナックです。どの地方に行ってもスナックってありますよね。ママさんのキャラだったり常連がいて仲間がいて、あの雰囲気が好きでよく通う人も多いのではないかと思います。

そこで当店は、よりフラットなコミュニテイの場を目指します。趣味で繋がれる、皆が自分から参加する、常にお客さん同士が楽しく前向きな話ができる空間を作ります!

”持ち込み放題”はコミュニケーションのツールの一つとして、使って頂くために導入しました。

ですので、「おっ、500円で飲み放題とかラッキー♪」と思って来るお客さんには、格安居酒屋に行って頂くことになるかもしれないです(笑)

お客さんと一緒に面白い場所を作って行けたらなと思います!

今回はここらへんで。

はじめのご挨拶

皆さん、初めまして!

Bar こりびんぐ店主のタカシマと申します。

お店に入る前に店主がどんな人間なのか、Bar こりびんぐがどういうお店なのか等を知っておいたほうがお店に入りやすく、会話もスムーズになるのではないかと考えました。

それに、接客する上で言語化して伝える能力は必要だなぁと思いまして笑。

そんなわけで、ブログ始めましたのでお時間あれば読んでみてください。